痛風になりやすい

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 炎天下のテニス、そしてビールの一気飲み

炎天下のテニス、そしてビールの一気飲み

いろいろなスポーツがありますが、医学的な見地からみると、ここで問題になるのは、ジョギングなどの有酸素運動(エアロビクス)ではなく、いわゆる心臓が苦しくなるほどの激しい無酸素運動です。
無酸素運動は、ATPが多量に消費されて尿酸の生成が増加する一方、腎臓の血流量が落ちるため、尿酸の排出が減少して、体内に尿酸を貯めるからです。

たとえば、炎天下にテニスや長距離などの激しい運動をします。汗を大量にかき、血液が濃縮した結果、脱水状態になります。さらに、「暑い暑い」でビールを大ジョッギでいっき飲みは、なんとも美味爽快でしょうが、尿酸の体内蓄積は飛躍的に向上します。
結果、は?「痛風よ、どうぞいらっしゃい」とご招待しているようなものではありませんか。

真夏のゴルフ2ラウンゴ。上がって数本のビール。うまいえしょうね。でも、尿酸値は確実にあがります。急激にアセをかくサウナも、りっぱな危険因子です。ボクシングや柔道などの体重別スポーツに減量はつきものです。いまはドーピング規制によって禁止されていますが、以前は減量のために利尿剤を使用することがあったようです。
これなども、高尿酸血症づくりに励んでいる以外のなにものでもありません。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.