痛風になりやすい

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 食事と尿酸過多体質、ストレスも重要要素

食事と尿酸過多体質、ストレスも重要要素

「痛風は男性が圧倒的に多く、女性にはまれであり、関節リウマチは男性に少ない病気である」と前に書きました。紀元前五世紀、古代ギリシアの医師で「医学の父」ともいわれるヒポクラテスは、こんなことをいっています。

「去勢された男は痛風にもハゲにもならない。更年期以前の女は痛風にならない。男はセックスが楽しめる以前に痛風にならない。」

これはつまり、男性病の痛風も思春期までにかかることはなく、セックスの楽しみが起きる思春期を過ぎて、はじめて痛風になるということをいっています。一方、女性の痛風は、生理がある間には起きないというのですから、その対照の妙には感心させられます。



また、ヒポクラテスは次のようにも言っています。

「痛風発作は四十日以内におさまる。痛風や挫折の腫れや痛みは冷水を注ぐとよい。発作は春と秋におこりやすい。発作にはイヌサフランが効く。」

まったくそのとおりで、これは現代でも立派に通用します。はるか昔にこれだけのことがわかっていたとは、ただただ驚嘆させられるのみです。


とにかく痛風になりやすい人、なりにくい人を考えれば、なりにくい第一は女性であるということです。ではなぜ、女性には痛風患者は少ないのでしょうか。これは女性ホルモン(エストロゲン)の働きひとつの理由であるといわれています。エストロゲンが尿酸の排出をたすけているということです。しかし、大部分の痛風患者である男性はエストロゲンをごくわずかしか分泌しないので、多くを望んでもないものねだりになってしましますから、もっと現実的に、痛風になりやすい人について、言及してみたいと思います。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.