痛風とはどんな病気

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 関節に沈着した尿酸が炎症を起こして

関節に沈着した尿酸が炎症を起こして

尿酸はなかなか水や体液に溶けにくい物質です。プリン体の代謝に異常が生じ、尿酸が大量に生産されるか、生産は正常でも腎臓からの排泄が低下する場合に、尿酸は血液中だけではなく体内全身にたまってきます。この現状が高尿酸血症です。

血液中にある正常な尿酸値は、男女ともに7mg/dl以下で、これを超えると高尿酸血症とされます。

尿酸値が7.0mg/dlを超えた状態が長期続くと、尿酸ナトリウムが析出しはじめて、尿酸ナトリウムの血症をつくり、関節やその周辺に沈着します。この血症がはがれ落ちると、事態に応じて白血球が動員され、炎症が起きて痛みが生じます。これが痛風発作です。

痛風は、関節のあるところならどこにでも起きますが、とくに多いのは、足の親指の付け根、足首、かかとです。

痛風の最初の発作の時に、正しい治療をしないでいたり、ほかの病気と誤診されたりすると、やがては、次の発作に襲われて苦しむことになります。それでもなお、治療をなおざりにしておくと、次の発作、次の次の発作と、少しずつ間隔をせばめながら、耐え難い激痛に襲われます。

そして数年後に、発作の起きたところや耳介(耳たぶ)、ひじなどに痛風独特の結節をつくったり、骨が破壊されて関節に変形が生じたりします。

また、腎臓の髄質部(内層の腎実質。尿管や腎動・静脈、リンパ管、神経などが出入りする腎門を中心に放射状に並んだ十数個の腎錐体から成る)にも尿酸ナトリウムの結晶ができるため、腎障害が起こります。また、尿中の尿酸量が増えるため、尿の酸性が強いところに尿酸の結晶ができて、尿路結石が起こります。

そして、冒頭にも書いたように、高血圧、肥満、高脂血症、耐糖能異常などと合併し、動脈硬化から虚血性心疾患、脳血管障害(脳卒中)などを起こす危険が大きいのです。痛風はこのように、尿酸の代謝異常から生じ、多くの内臓を浸す全身病であることを知らなければなりません。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.