痛風とはどんな病気

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › プリン体の「燃えかす」尿酸が増えると

プリン体の「燃えかす」尿酸が増えると

体内に尿酸という物質が以上に増える状態が高尿酸血症ですが、痛風は、この高尿酸血症と密接な関係にあります。まず高尿酸血症という人たちがいて、そのうちの10%の人が痛風になると考えていいでしょう。

尿酸は、白色、無味、無臭の結晶で、人では体内に出来るプリン体という物質から、新陳代謝によって生じた老廃物(つまりは「燃えかす」)です。

プリンといえば、「あのおいしいお菓子か」と連想する人もいらっしゃるかもしれませんが、もちろんそれは違います。お菓子のプリンは英語のpuddingから出た言葉、「プリン体」のプリン(purine)は、プリン環(核)と呼ばれる化学構造を持つ物質の総評です。

尿酸自身もプリン体なのですが、尿酸以外のプリン体は、体内で変化して尿酸になり、このあとは主として腎臓から尿中に捨てられる運命にあります。高尿酸血症や痛風は、プリン体の代謝異常の病気なのです。

次に、プリン体のもとになるおもな物質について考えてみましょう。

われわれのからだは60兆の細胞から成り立ち、その細胞の核には、核酸(DNAやRNA)という物質が含まれています。核酸は、遺伝子としての働きや、タンパク質の構成などの重要な働きをする物質ですが、細胞は常に新陳代謝を行なっているので、核酸も絶え間なく分解されています。

核酸が分解されると、その成分の一部であるプリン体ができます。核酸がプリン体の第一の原料です。

第二の原料には、ATP(アデノシン三リン酸)があります。このATPは、リン酸を三個持っているために「高エネルギー化合物」と言われ、生物活動のすべてにはたらくエネルギーの運搬役です。

そして、第三の原料が、植物のなかに含まれるプリン体です。



Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.