痛風になるということ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › いま、痛風は贅沢病ではなくなった。

いま、痛風は贅沢病ではなくなった。

日本で痛風は、ごく新参の病気です。日本ではじめて痛風が報告されたのは、いまからざっと百年前、1898年のことでした。

明治の頃、医学を指導するために来日したドイツの内科医ベルツが「日本には痛風はない」と断言したと伝えられるように、もともと日本とは縁のない病気だったのですが、この百年の歳月の間に、生活のスタイルや体質が変わり、いつの間にやら風土に定着した生活習慣病として成長してしまったのです。

日本に痛風が出現してからわずか百年ですから、第二次世界大戦以前には、一般によく知られた病気ではなく、ごく限られた階層のぜいたく病であるとされていたのです。

この状態は戦後にまで持ち越されました。
敗戦から朝鮮戦争の頃まで、日本の食料事情は極端に悪く、過剰エネルギーが痛風にまでまわるような余裕はとてもなかったのです。

日本の痛風事情に異変が起きたのは、経済情勢が回復し、高度成長の時代に入ってからです。これまでとはライフスタイルも食生活も変わりました。伝統的な低たんぱく、低脂肪で糖質主体の和食スタイルは、高脂肪、高タンパク、高カロリーの欧米型食生活に近くなり、アルコール摂取量も増加しました。それとともに、高尿酸血症、痛風患者数が増加してきたのです。糖尿病も同じ傾向を示しています。

あとでもふれますが、古くから定着していた食生活が欧米化されることにより、日本人の身体がむしばまれてきたといれるでしょう。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.