痛風になるということ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 高尿酸結晶は恐ろしい「痛風予備軍」

高尿酸結晶は恐ろしい「痛風予備軍」

痛風の発作が出ると、「風にあたっても痛い」とか「そばを人があるいたり、せきやくしゃみをしても痛い」と言われるほどの激痛があるということは、体験者によって喧伝され、一般にもよく知られています。

痛風の発作は、ある日突然、なんの前触れもなく起きます。夜、就寝するときまでは、なんの異常もなかったのに、寝ているうちになんとなく足の親指などの関節が痛み出し、赤く腫れて熱を持ち、その痛みがだんだん強くなって、翌朝にはもう激痛に耐えられないほどになります。このように「超」急性の急激な関節炎のために、靴は履けず、歩くことさえできなくなって、当然会社は欠勤です。


こんな状態が二、三あるいは三、四日続きます。どうしようもなく痛いのです。そのうちに、少しずつ痛みが安らいできます。赤く晴れたあとは暗赤色になり、薄皮まんじゅうのかわのような薄皮がわずかにむけます。一週間かニ習慣もすると、痛みは完全になくなります。


痛風発作は、ただ単に痛風と呼ばれることもあります。今日本には、50~60万人と推定される痛風患者がいますが、その99%は男性です。


一方、これと対照的なのが、慢性関節リウマチで、痛風とほぼ同数の患者が推定されていますが、その80%は女性です。こんなことから「男の痛風、女のリウマチ」という言葉もあります。痛風は、働き盛りの男性を襲う代表的な「男の生活習慣病(成人病)」なのです。


痛風という激痛の症状の背後には、高尿酸血症という基礎患者があります。高尿酸結晶は、からだのなかにある尿酸という物質が、異常に多くなる状態で、「痛風予備軍」といわれます。


しかし、痛風と高尿酸結晶は、まったく同じものではありません。痛風は、高尿酸血症患者のうちのおよそ十人に一人がかかる病気です。


高尿酸血症が長く続き、体内に尿酸が溶け切らないほど増加すると、あちこちに尿酸の結晶をつくるようになります。尿酸の結晶が関節などに析出すると、白血球が攻撃するため、痛みを伴った急性の炎症が起きます。これが痛風発作で、結晶性関節炎とも呼ばれています。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.