痛風が起きるしくみ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 痛風は忘れたころにやってくる

痛風は忘れたころにやってくる

体内に尿酸が多い状態、つまり高尿酸血症の状態が、数年から十年も続き(無症候性高尿酸血症期)、それを放置しておくと、関節に炎症が起きて、超急性の激しい関節痛が生じます。これが痛風発作です。

痛風の発作は、他の病気の症状とは違って、昨日まではなんの兆候もなく、五体満足心身爽快の体調であったのに、一夜のうちに突然の地獄の苦しみと、症状の現れ方が超急性なところに特徴性があります。

そして、からだがどんな状況のときに現れるかというと、経験的に、次のようなときに発作が生じやすいのではないかといわれています。


■痛風発作に襲われやすいとき

・大量の飲酒(とくにビール)をしたあと
・夜中になると
・飽食をしたあと
・サウナに長くはいったあと
・サウナに長く入ったあと
・汗をたくさんかいて脱水状態になったあと
・マラソンやウォーキングのように、長い距離をあるいたり走ったりしたあと
・テニスやマシン・トレーニングなどの激しいスポーツをして疲労したあと
・忙しい仕事が続いたあと
・きつい靴を履いてあるいたあと
・手術を受けたあと
・尿酸値を下げる治療を始めた直後
・利尿剤を飲んだあと
・絶食を続けたあと
・精神的なストレスのたまったあと

いずれにしても、発作の起きるときの状況は、疲労やストレスとなんらかの関係があるのは確実なようです。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.