症状のない高尿酸血症

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 水分を多く飲んで尿量を確保することで高尿酸結晶を予防

水分を多く飲んで尿量を確保することで高尿酸結晶を予防

痛風関節炎や痛風結節などの臨床的な症状がなくても、高尿酸血症であることもあります。これを無症候性高尿酸血症といいます。

症状がないからといって、高尿酸血症であることはたしかですから、なんらかの対策をたてておかなければならないのは当然です。まず大切なことは、この段階で腎障害への進展がないようにし、尿路結節や痛風関節炎の発症がないようにすることです。また、高尿酸血症に合併しやすい動脈硬化の危険因子の改善にも心がけることが重要です。

 

こうした高尿酸血症にある人たちは、たとえ症状がなかったとしても、日常的に尿酸値を下げる生活を送るとともに、いろいろな合併疾患が起きないように管理しなければなりません。

 

食事療法や運動療法、体重コントロールが必要なことはもちろんです。

水分を多量に摂取して一日2000ml以上の尿量を確保します。とくに夏季の大量に発汗するときには、水をたくさん飲んで尿量を確保しなければなりません。

ただし、水分とはいっても、アルコールは論外ですが、清涼飲料水の一部(キシリトール、果糖を含有するもの)の摂取は、尿酸の産生をうながし、排泄の低下を伴うので避けてください。高血糖の傾向のひとにはジュース類の過剰摂取(ペットボトル症候群)も要注意です。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.