症状のない高尿酸血症

無症候性といっても合併症にならないように

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 症状のない高尿酸血症

無症候性といっても合併症にならないようにすることが大事です。水を多く飲んで、尿量を一定量保持して、尿酸値に応じて段階的に治療を考えることです。

尿酸値に応じて段階的に治療することが大事

無症候性であっても、一般に高尿酸血症になってから痛風関節炎が発症するまでは、数年~15年と推定されています。そして、無症候性の高尿酸血症の患者さんを追跡すると、・・・・・・(続きを読む)

水分を多く飲んで尿量を確保することで高尿酸結晶を予防

痛風関節炎や痛風結節などの臨床的な症状がなくても、高尿酸血症であることもあります。これを無症候性高尿酸血症といいます。 症状がないからといって、高尿酸血症である・・・・・・(続きを読む)


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.