尿路管理の方法

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 尿のpHを調節して弱酸性にする(尿路管理)ことで痛風を治療する

尿のpHを調節して弱酸性にする(尿路管理)ことで痛風を治療する

痛風の治療は、主として薬によつ薬物療法と食事療法だとかきましたが、これにもうひとつ加えると、毎日排泄する尿のコントロールが上げられます。実際には、尿のpHと尿量の調節の問題です。つまり、尿の酸性度を下げてアルカリ性に近づけることと、一日2l程度の尿量を確保する方法です。これを尿路管理といいます。

 

大部分が尿中に排泄される尿酸は、もともと水に溶けにくい物資ですが、とくに尿が強い酸性だと溶けにくく、酸性が弱まり、中性からアルカリ性、さらにアルカリ性が強くなるにつれて、とても解けやすくなるという特徴があります。

痛風や高尿酸血症のほとんどの患者さんの尿は、わるいことにpHが5.5以下の酸性に傾いていて尿酸を溶けにくくしています。

ちなみに、健常人の尿のpHが5.5以下になるのは、比較的少数とされています。その理由は、痛風の人の場合、多くはアルコールを好み、酸性食品を好んで食べることが一因とされ、また、腎臓での代謝異常も推測されていますが、まだ十分に解明されてはいません。

そこで、尿酸が溶解しないように、尿をアルカリ性に近づけようというのですが、これは決して、尿をアルカリ化してしまうという意味ではありません。ヒトの尿のpHは、通常5~7くらいなのですが、これを6以下にならないように、6.2~6.8ぐらいの弱酸性の範囲に維持していこうという意味なのです。

 

尿をアルカリ性にしてしまうと、今度は、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウムが沈着して、尿路を痛める心配があるからです。pH6.2~6.8ぐらいの弱酸性は、尿路もシュウ酸カルシウムもリン酸カルシウムも溶けやすいという状態なのです。

 

表は酸性食品とアルカリ性食品



尿のpHが著しく低下する場合は、その食事にアルカリ性の食品を増加させ、酸性食品を少なくする方法がすすめられます。アルカリ性食品は、燃やして灰にしたものがアルカリ性を示す食品をいいます。

 

pHが6未満のときは、尿を中世に近づけるために、尿アルカリ化剤を少しずつ何回にも分けて服用する方法が必要になります。これは尿のアルカリ化といわれていますが、それには、炭酸水素ナトリウム(重曹)やクエン酸ナトリウム(ウラリット)が用いられます。

 

これらの薬剤は即効性があり、体内滞留時間が短いので、何度も何度も少量ずつ服用しなければなりません。また、患者さん自信の手によるpH測定も必要になります。

なお、これららの薬にはナトリウムが含まれるため、高血圧や腎障害が合併するときは、ナトリウム含有量の少ないウラリットが使用されます。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.