二次性高尿酸血症

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 尿酸産生過剰型~通風発作や臓器障害の阻止~

尿酸産生過剰型~通風発作や臓器障害の阻止~

二次性通風は、全通風症例のうちの5%を占めています。尿酸産生過剰型、尿酸排泄低下型、混合型に分けられます。二次性高尿酸血症の治療は、通風発作や臓器障害を防止するのが目的です。治療には主として、基礎疾患の治療、高尿酸血症の治療、通風発作の治療があります。

基礎疾患の治療で重要なのは、問診や身体所見、一般検査などによって、基礎疾患の存在をたしかめることです。そして、減量がもっとも重要なものが、基礎疾患の治療の中止や原因薬剤の中止も考慮しなければなりません。

高尿酸血症の治療では、尿酸生成抑制剤のアロプリノールの使用が原則です。一日の尿量2000mlを確保できる水分の摂取、尿のPH6

台を目標にします。とくに、尿酸値のコントロールができるまでは、原発性の通風や高尿酸血症の治療に応じて行います。

急性の関連疾患に急性尿酸性腎症があります。急性の腎不全で、白血病やリンア腫急性期の未治療や治療開始時に起こります。

急性で大量の腫瘍細胞が崩壊して、増加した血中・尿中の尿酸のため、腎尿細管や集合管が閉鎖するのが原因です。迅速で適切な治療をすれば、大部分が回復します。

腫瘍融解症候群は、増血器腫瘍などの悪性疾患が発生したときや、その治療開始時に生じる重要な疾患です。大量の腫瘍細胞が一度い崩壊して起きます。様々な代謝異常のため、腎不全となることもあるので、血清尿酸値だけにこだわらず、緊急疾患としての全身管理をしなければなりません。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.