高脂血症

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 薬物療法では病態に応じた薬の選択をする

薬物療法では病態に応じた薬の選択をする

運動療法には、ジョギング、水泳、水中歩行、ラジオ体操などがあります。HDLコレステロールを増加し、トリグリセライドを低下させ、インスリン感受性を改善するなどの効果があります。血清脂質の治療目標値は、総コレステロール220mg/dℓ、トリグリセライド150mg/dℓ未満、HDLコレステロール40mg/dℓ以上です。

薬物療法で大切なのは、それぞれの病態に応じて、適切な薬剤を選択することです。また、高脂血症の治療薬には、尿酸値に影響を与えるものがあるので注意しなければなりません。ニコチン酸製剤は、尿酸値を上昇させる傾向があります。

高トリグリセライド血症の治療薬であるフェノフィブラートには、強力な尿酸排泄促進性があるので、高尿酸血症の合併、とくに尿酸排泄型にはきわめて有効です。実際に治験例でも、尿酸降下薬を使用しないで、フェノフィブラートだけで、良好な経過を得ている人が多く見られます。

なお、高脂血症治療薬の副作用には注意しなければならないので、肝機能検査、末梢血検査などを定期的に行います。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.