高脂血症

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 動脈硬化の危険因子となるから

動脈硬化の危険因子となるから

高尿酸血症に高脂血症が合併したとき、動脈硬化性疾患を予防するためには、高尿酸血症と高脂血症の両方の治療をしなければなりません。

高脂血症には、高コレステロール血症、高HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症などがります。これらは低HDLコレステロール血症とともに、動脈硬化性疾患の危険因子であることが明らかになっています。

治療法には食事療法、運動療法、薬物療法があります。

高脂血症治療でもっとも重要なのは食事療法です。食事療法の目的は、食事内容を改善して摂取エネルギーを適正にすることです。糖質、脂質、タンパク質のバランスに注意して、コレステロールや飽和脂肪酸の摂取制限も考慮しなければなりません。

また、食行動の改善策としてあげられるのは、①1日3食を均等に配分して規則的に食べる。②腹八分目を守り、ながら食い、まとめ食いなどはしない。③野菜をさきによくかんで食べる。④食器は小ぶりなものにする。

 


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.