痛風の検査と診断

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 発作を痛風と判定するには最新の注意で

発作を痛風と判定するには最新の注意で

高尿酸血症があって、発作があれば、痛風と診断しますが、発作時の尿酸値は低値を示すことがあるので、診断的価値はあまり高くありません。

痛風の診断を少し専門的に説明すると、そこに登場するのは、アメリカ・リウマチ協会(ARA)が1977年に提案した「痛風診断基準」です。1977年というと、ずいぶん古いようにかんじられますが、いまでも十分に信頼のおける診断基準です。
この基準に従えば、痛風は比較的容易に診断できる病気なのです。

この診断基準は、痛風を絶対に見逃さないことと、痛風以外の疾患を痛風と誤診しないという2つの目的を持っています。ここには、痛風と診断するための内容が、A、B、Cの三項目に分けて記載されています。

A項目には「尿酸塩結晶が関節液中に存在する」とあります。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.