発作の状況と痛さの実態

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 痛風の前兆があったら一錠のコルヒチンを

痛風の前兆があったら一錠のコルヒチンを

痛風の発作は、突如としてやってくるのといいましたが、正確にいうと、本発作がある前に、その前兆(「予感」ともいいます)を感じる患者さんもたくさんいます。いいえ、何度か発作を経験したヒトで、前兆を全然感じなかったヒトは、ほとんどいないのではないでしょうか。

痛風発作の前兆は、発作の起きる数時間前にあることも、一日くらい前にあることもまります、発作の起きる部分から、微妙な信号で「まもなく、痛風発作が出ますよ、ご用心、ご用心」と、警報を発してくるのです。

その警報は、たとえば、発作の起きる部分に、チクチク、チリチリ、ムズムズした痛みが感じられることがあります。そこに、どうもいつもとは違った違和感が生じることもあります。ほてったり、純痛があったりすることもあります。
こわばりがあることもあります。要するにいつもとは、その部分が違った感じなのです。これが痛風発作の前兆です。

しかし、やっかいなことに「それ、前兆があったぞ」といっても、痛風発作が必ず襲ってくるとは限らないのです。いや、むしろ、そのまま放置しておいても、発作には発展しないですんでしますほうが、多いというのが実情です。

「さぁ、痛風発作よいらっしゃい」とばかり、「座して死を待つ」心境になっているときに、痛風の発作が確実にやってくれるとすれば、そのほうが、かえって対策はたてやすのですけれど、。

こんなとき、私が患者さんにいいたいのは、「コルヒチンを一錠飲んでおきなさい」ということです。
コルヒチンは痛風発作用の有名な薬です。前兆があったとき、本発作がやってくる前に、コルヒチンを一錠だけ服用すれば、それが発作を予防したり、症状を軽減したりできるのです。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.