発作の状況と痛さの実態

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › ペンチで締めあげられるような痛さ

ペンチで締めあげられるような痛さ

どこから見ても健康そうだった中年の男性が、一夜明ければ、「オゥオゥ」とうめき声をあげるほどの激痛に襲われて苦しみもだえるというのが、典型的な痛風発作、つまり、急性関節炎の発作なのですが、その痛み方はどんなものなのでしょう?
これまでに、痛風発作に襲われた経験のある人なら、当然それを知っているはずですが、幸いにしてまだ未経験だという果報者に、この痛さをどういって教えてやればいいのでしょう。

痛風の痛みを表現するのに、よくこんなふうに言われます。「傷口に差し込まれたキリで、きりきりもみたてられるような痛さ」とか、「溶けた鉛を注ぎ込まれるような痛さ」、「骨のなかからなにかでえぐり出されるような痛さ」、「足の指をペンチではさんで締め上げられるような痛さ」などです。これらはどれも、表現力の豊かな患者さんの言葉ですから、十分に実感がこもっています。
いずれにしても、あらゆる痛みのなかの最強のものであり、がまんできないような痛さであることは、まちがいなさそうです。

初めての痛風発作は、片方の足の関節部に発生する単関節炎が、もっとも一般的で、両方の足が同時に襲われたり、ありことに多発することは、まずありません。足のどこかというと、足の親指の付け根がもっともよく発生するところです。

ほかに、足首やくるぶし、足の甲、アキレス腱のついているかかと、足の親指以外の指、足底部、ひざ関節に現れることがありますし、ときには、ひじや手首、手の指の関節が痛むことがありますが、なんといってもひざから下の部分が多く90%以上を占め、なかでも足の親指の付け根が全体の70%ほどで、ダントツなのです。

また、股間節や方の関節などの大きな深いところの関節は、通常浸されません。


痛風発作の最大の特徴は激痛(疼痛)なのですが、このほかにも、その部分が熱を持ち(局所熱感)、てかてかと光って赤くなり(発赤)、腫れあがる(腫脹)という特徴があります、。
これらが全部そろっていて、なおかつ膿がでていなければ、典型的な痛風の発作といえるでしょう。逆に痛みのほかの三徴候がみられない場合は、痛風発作ではないと断言していいでしょう。

しかし、なかには、これらの特徴が全部はそろっていないものもしばしばあります。たとえば、痛みのほかの特徴がひとつか2つしかみられないものもありますし、炎症徴候が足のせまい部分にとどまるものから、足のかなり広い部分に広がるものまで、程度や範囲はいろいろあるといった具合です。

前にも少し触れてありますが、痛風発作の一般的症状と経過について、ここでも改めて確認しておきます。

痛風発作は普通、夜間に始まることが多いようです。家に帰ってくつろいで、晩酌の数杯もきげんよく過ごし、食事をすませてテレビを見て、、さて、早く寝て明日もがんばろうと床に入った時、あれ、ちょっと痛いなと感じたりします。

でも、たいしたことじゃないし、そのまま就眠するのですが、明け方前にはもう激痛で目を覚まし、朝まで辛抱できずに妻を掘り起こして、文句をいわれたりします。

激痛は突如として始まり、その痛さが最高潮に達するのは、普通24時間以内です。激痛が起きてしまえば、もう我慢ができません。会社に出勤するなんて、とんでもないことです。こんな状態が何日か続くのですが、2,3日あるいは3,4日以内には、痛みは少しずつなくなっていきます。
1,2習慣もたったころには、痛さはまるでなくなり全快です、あの痛かった時期が、夢のように思えます。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.