肥満と耐糖能異常

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 肥満は全生活習慣病の温床となる

肥満は全生活習慣病の温床となる

高尿酸血症の原因として肥満は無視することができません。以前に比べて、過栄養や過食、偏食の風潮もかかわって、肥満は増加しているものとみられます。

また耐糖能異常、高脂血症、インスリン抵抗性、高血圧なども同時に生じる事態もあります。ここには、代謝障害である高尿酸血症も関与して、複合的なリスクを集積してメタボリックシンドロームが起こります。高尿酸血症があって、耐糖能異常や肥満が合併するときの対応はどうするばいいのでしょうか。

複合的な危険因子が集積した肥満の状態で、高尿酸血症の対応について。

肥満には皮下脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満があり、いずれにも70%に高尿酸血症を合併します。皮下脂肪型は大部分が尿酸の排泄が低下し、一方、内臓脂肪型は尿中尿酸の排泄量は高値であり、尿酸産生過剰型が多いと診断されます。

内臓脂肪型肥満の原因には、過食、飲酒、運動不足などがあげられ、高尿酸血症だけではなく、あらゆる生活習慣病の温床になります。

糖尿病、高血圧、高脂血症などが集積して虚血性心疾患への大きなリスクも形成します。

肥満の治療には、肥満が高尿酸血症にどれだけ関与しているかを評価してかかります。減量するだけで高尿酸血症が改善された例もあります。急激に減量をするときには、尿酸産生過剰型の高尿酸血症を併発することがあるので、尿酸生成抑制剤を使用します。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.