痛風に合併しやすい病気

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 痛風の発症原因|糖尿病

痛風の発症原因|糖尿病

糖尿病は、血糖を調節するインスリンというホルモンが不足するか、そのはたらきが不十分なために、高血糖が起きる病気です。糖尿病が進行すると、細小血管の動脈硬化のために、網膜症、腎症、神経障害が起きるため、糖尿病性失明、人工透析が必要となるなどの最大の原因になります。また、大血管動脈硬化のために、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病性壊疽などを起こします。

糖尿病も痛風も、お互いに代謝異常で発症する病気です。痛風には尿酸値が高いという特徴がありますが、糖尿病にも同じように、血糖値が高いという特徴があります。

痛風と糖尿病の合併については、一時は否定されたこともありましたが、現在では肯定されるようになりました。痛風で肥満を伴う患者さんには耐糖能異常の合併が多く、また、肥満のない人には合併が少ないことから、過食による肥満が共通の原因になっていると考えられます。

糖尿病予備軍といわれる耐糖能異常では、尿酸値が上昇しますが、糖尿病が発症して増悪すると、尿酸の排泄が亢進するために、尿酸値は低下するとがわかっています。

痛風に合併する糖尿病は、二型糖尿病、インスリン非依存型(NIDDM)がほとんどです。比較的軽症が多く、治療はカロリー制限などの食事療法が主体ですが、ときには薬が必要となることもあります。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.