痛風に合併しやすい病気

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 痛風の発症原因|高脂血症

痛風の発症原因|高脂血症

痛風患者の姿とオーバーラップ

高脂血症の患者さんといえば、美食家でどちらかといえば牛肉などの動物性たんぱく食が多く、しかもお酒大好きという典型的な姿が目に浮かびます。このタイプは、前にもどこかで出会ったことのあるタイプではありませんか。

そうなのです。痛風患者の姿とオーバーラップするのです。したがって、痛風患者が高脂血症を合併するのは、むしろ当然のこととうなずくことができるでしょう。
高脂血症とは、血清中の総コレステロールが220mg/dl以上であるか、中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dl以上となった状態です。高脂血症は動脈硬化の原因でもあり、動脈硬化は、虚血性心疾患や脳血管障害を起こします。

痛風と高脂血症の関係は密接であり、痛風の50~70%には、高脂血症が合併するといわれています。この場合、おもにWHOの高脂血症分類によるⅣ型、Ⅱb型、Ⅱa型なので、中性脂肪の増加が目立ち、総コレステロールはさほど高値を示さず、HDLコレステロールは低値を示します。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.