痛風に合併しやすい病気

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 痛風の発症原因|尿路結石

痛風の発症原因|尿路結石

尿内尿酸量の増加と尿酸性化の傾向で


少し多めに見積もられると、痛風患者さんの30%(エコー検査をすると40%)は、尿路結石が起こるといわれ、これは、痛風ではない人の千倍も尿路結石にかかりやすいということになります。そして、痛風患者さんの20%は、痛風発作の起きる前に尿路結石を経験しているといわれます。

高尿酸血症になると、尿のなかに排泄する尿酸量が増加するとともに、尿中のPHが酸性に傾くようになるため、腎臓や尿路系に尿酸が沈着しやすい状況がつくられるからです。

血清尿酸血症が高いほど、また、尿中尿酸排泄量が多いほど、尿路結石の発生頻度は高くなります。症状は仙痛といわれる激しい腹痛(片側に起きる)と血尿です。

尿路結石の成分は、従来は大部分が尿酸カルシウムやリン酸カルシウムであるとされます。尿酸結石はX線写真に写らず、エコー検査が有効であるといわれています。結石は尿とともに排出されるので、その場合は、それを摂取して病院に持参してください。成分を分析して、治療に役立てることができます。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.