痛風に合併しやすい病気

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 合併症には死につながる重大な病気も

合併症には死につながる重大な病気も

痛風になると、合併しやすい病気があります。これらの多くは生活習慣病で、なかには、痛風の予後に重大な影響を及ぼすものがあります。痛風(高尿酸血症)と密接な関連を持つ合併症には、すでに言及しているように、腎障害と尿路結石があります。

また、高尿酸血症は肥満、高脂血症や糖尿病などを合併することが多いのですが、これらの病気と痛風には、栄養を摂取しすぎるという共通点がありますから、当然のことといえます。

さらに、栄養過多の状態が続くと動脈硬化が進み、それとともに、高血圧症や虚血性心疾患(心臓病)、脳血管障害などを起こす率が高くなります。ある調査によると、痛風患者さんのなかで、これらの合併症をひとつも持っていない人は、わずかに4%にすぎなかったという驚くべき実態が報告されています。

痛風の発作があるのに、高尿酸血症の状態をそのまま放置しておくのは、重大な余病を併発する、たいへんに危険なことなのです。高尿酸血症の治療を完全に続けるか、あるいは放置したままでいるかでは、その後の寿命が十年は違うと説く人もいるくらいです。

痛風患者がその合併症が原因で死亡する確率は、二十年ほど前までは、痛風腎による腎不全(尿毒症)が40%を占めていましたが、最近は虚血性心疾患、脳血管障害がもっとも多く、続いて腎不全となっています。このような死因となる重大な病気を助長するのは、肥満、高脂血症、糖尿病、高血圧なども同じです。

尿酸値をコントロールして、痛風の治療を続けるとともに、肥満、高脂血症や糖尿病、高血圧などがあったら、これらの病気の治療も同時に行うことが大切です。それによって虚血性心疾患、脳血管障害、腎不全などから逃れて、天寿をまっとうすつことができるのです。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.