痛風にかかった体験談

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 高尿酸値の友人を説得できないもどかしさ

高尿酸値の友人を説得できないもどかしさ

私はバリバリの痛風発作経験者なので、尿酸値の高い友人にどうしてもひとこと言いたい。
なぜなら、発作が起きてからでは遅い、事が起きてからでは遅い、と身をもって知っているからです。

今思うと我ながらアホだと思いますが、長年毎年の健康診断で「尿酸値が高い」と指摘されていたのに
そのことが何を引き起こすかなど、何の思いも及びませんでした。
それがいざ痛風の発作を経験してみると、「こんなに痛いのなら事前に気をつければよかった」と後悔しきりなのです。

自身もあんな痛み二度と嫌ですし、周りにも似たような高尿酸値の友人がけっこういるので、
痛風というものについて親切でいろいろと教えるのですが、これがまったくてんで話を聞かない。
何なんでしょう、あの自分だけは絶対関係ないといった傲慢さ。関係なくないんです。本当に突然やってくるんです。

そうはいっても、過去の自分がそうだったので、他人事と決め付ける友人の気持ちもわかりつつ、
一方で過去の自分を見ているようで腹も立って、尿酸値が高いということの危機感を持ってほしいのです。

経験者だからこそ、“高尿酸値の友人を説得できないもどかしさ”を感じる、今日この頃です。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.