痛風にかかった体験談

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 旦那の痛風治療

旦那の痛風治療

一昨年結婚した私の愛する旦那様は痛風持ちです。

現在40代半ばなのですが、発症は30代だったそうです。
通院は月に一回、ひどく痛むのは大体年に2回程度です。

旦那様の痛風は、決まって左足の裏がパンパンに腫れるところから始まります。
数日中に左足全体が太く腫れて、激痛が襲います。

そこで、私は毎晩旦那様をうつぶせにして、足の裏から肩までマッサージをする事にしました。
足の裏が腫れてきたら要注意だと分かるからです。

要注意の時期は、味噌汁や煮物の出汁は鰹だしから昆布だしへ変更します。
サラダも海藻サラダにします。
大好きなお刺身も、マグロからサーモンへ変更です。

今のところ発作は起きずに済んでいるので、多少は効果があると思いたいです。

一昔前、痛風は別名贅沢病と言われていたそうです。
美味しいものばっかり食べているからなる病気というイメージ、実は私も持っていました。

でも、よくよく調べてみたら、大間違いです。

例えば、特にご馳走でもない鰹だしの味噌汁や魚の干物って、痛風に良くないんです。

それでもどうしても、昆布だしの味噌汁や煮物には馴染めない私たち夫婦。

普段は鰹だしを使っていますが、さすがに、おひたしにかつおぶしをかけたり、、、これは、しなくなりました。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.