痛風にかかった体験談

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 魚卵を控えたら尿酸値が下がりました【痛風体験談】

魚卵を控えたら尿酸値が下がりました【痛風体験談】

私の父は、ビールが大好きで尿酸値は8~9くらいの高めで、痛風になっていました。

関節が曲がるほどの酷さはありませんが、やはり足指の節々が痛むようで、医者に「ビールは控えるように」と指摘されるのですが、やめられない日々を送っていました。

ある日、テレビで魚卵、つまりいくらやすじこ、たらこなど、魚の卵が痛風に良くないと知る機会があったのです。

振り返ってみれば、毎朝のように明太子かたらこを食べていたのです。そこで、涙をのんで大好きな魚卵を控えることにしたというわけです。

そうして3ヶ月に一回の検査に行ったところ、尿酸値が7.0まで下がっていたというのです。これには、本人もびっくり。医者は「がんばってビールを控えたんですね。」と褒めてくれたそうです。

魚卵って小さな卵の塊ですが、その一粒一粒に、プリン体という痛風のもとが含まれており、それが過剰摂取に繋がってしまうという事です。

父は大好きなビールを控えることなく尿酸値を下げる事に成功して大喜びです。

もし、ビールを控えているのに尿酸値が下がらないという方は、ご自分の食事の中に痛風の原因が隠れているかもしれません。

卵が好きな方は特に注意してみたほうがよさそうです。参考になれば幸いです。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.