痛風の治療の基本方針

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 正しい治療の継続には自己管理が欠かせない

正しい治療の継続には自己管理が欠かせない

尿酸値のコントロールという痛風の治療は、生涯をかけた治療です。しばらくの痛風発作がおさまり、今はなにも自覚症状も感じないといって、これで病気が治ったわけではありません。通風の発作が出る予感があったとき、コルヒチンを一錠を服用して、激痛を抑えることがたまたまできたとしても、また次回発作がおきない保証にはなりません。

でも、次回に発作があるとかないとか、そんなことはたいしたことではないのです。急性関節炎の発作があろうとないと、高尿酸血症という基礎疾患があるので、尿酸をコントロールするという日常的な努力を放棄したそのときから、尿酸値は遠慮なく確実に上昇をはじめ、体の状態も確実に悪くなっていくのです。そして合併がまっているのです。

発作のときに病院にいき、一回だけ痛みの治療を受けた人は、すぐまた発作がでることでしょう。また常に病院にいって治療を受け続けて人は、それに応じて状態はよくなると思います。

一度痛風の発作があったとして、これから二度と発作を起こしたくないのであれば、高くなった尿酸値を下げる為の治療を始めなければなりません。これらを完全に自己管理しなければなりません。

体に何も自覚症状もないときに、定期的に通院し、治療を継続することがわずらわしく、ついつい病院にいかくなくなったり、忙しさにかまけて手を抜きたくなる心情がわからないわけではありません。しかし、このところ急性関節炎の発作が出ていないからといって、尿酸値をコントロールする治療を中断してしまったら、また尿酸値が上がっていくのは目に見えます。

痛風を治療するための高尿酸血症治療の要点は、尿酸値が上がらないように、尿酸値を日常的に適切にコントロールすることであり、目的は二度と急性関節炎の発作をおこさないこと、合併症の発症を予防することです。

自己管理のもとにおこなう主な治療法は、通院をして薬の正しい使用を続けること、食事やアルコール摂取量を管理すること、尿路管理をすること、早歩きなどの軽い運動、ストレスをためないことです。

 


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.