痛風ブログ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 尿酸値を下げるために心がけること

尿酸値を下げるために心がけること

健常者における健康診断、人間ドック、住民検診の基準値は、医療機関によって多少異なっています。尿酸の血中濃度の基準値も、微妙に異なりますが、日本痛風・核酸代謝学会においては7.0mg/dL以上を高尿酸血症とすることが確認されています。
従って、検査結果の基準値として、男性で3.8~7.5mg/dL、女性で2.4~5.8mg/dLと記載されていることが多いのですが、7.0mg/dL以上を超えている場合は、高尿酸血症だということを認識して、尿酸値を下げる努力を早速にでも始めなければなりません。尿酸値が高いと状態が続くと、痛風を発症し、さらには動脈硬化を引き起こす原因ともなります。
尿酸値が高くなる原因としては、プリン体を多く含む食品を摂取することが、主な原因とされているので、プリン体を多く含む食品である魚介類、食肉、内臓肉は控える必要があります。また、日本酒やビールやワインにはプリン体が多く含まれているので、適正な飲酒量を守る必要があります。
また、プリン体の排出を促進するために、運動を習慣づけ、肥満を予防すること、水分を多めに取り尿酸の排泄を促すこと、野菜や海藻類を十分に摂ることを心がける必要があります。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.