痛風ブログ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 尿酸値を下げる方法

尿酸値を下げる方法

昔から痛風という病気があり、美食家が罹りやすいと言われてきましたが、これは血液中の尿酸が高くなる場合に起こります。痛風発作と言って尿酸の針のような結晶が手足の指の関節などに蓄積すると、激痛を起こすことがあります。

血液中の尿酸の値が7mg/dl以上の場合を高尿酸血症と言っており、痛風にならないようにするためには血液中の尿酸を下げなければなりません。それでは、尿酸を下げるためにはどのような方法があるのでしょうか。

基本的には、二つの方法があり、一つは「尿酸の原料となるプリン体という物質を多く含む食品を避けることで、体の中でできる尿酸の原料を減らす」という方法です。
プリン体はDNAなどの核酸の原料となる物質ですが、これを多く含む食品としては、魚の卵、牛や鶏のレバー、カツオ、マイワシ、エビ、干し椎茸、煮干し、鰹節、それにビールなどが挙げられます。高尿酸血症の場合はこれらの食品を摂るのをを少なくしたほうがよいでしょう。

また、もう一つの方法は薬で尿酸値を下げる方法で、これは尿酸の排泄を促進する薬と、尿酸の体内での生合成を阻害するに大きく分けられます。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.