痛風ブログ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 食事療法で気をつけること

食事療法で気をつけること

食事療法を通して痛風の治療を行う際に気をつけるべきことは、水分を豊富にとるということです。

それによって毎日の尿の量を多くし、痛風の原因となる尿酸が順調に排泄されるようにする必要があります。

一日の尿の量が少ないと、尿の中に含まれる尿酸の濃度が高くなり、腎臓などの尿路に結石ができやすくなります。

それを防ぐために水分を十分に摂取し、尿の量を増やさないといけないのです。尿の濃度は色で確認できます。

尿の色が黄褐色にならないことを目安にして、一日の尿の量を2l程度は確保するのが目安になります。

かなりたくさんの水分を取らないとこれを達成するのは難しいです。

また、痛風の患者さんには肥満体型の人がかなりの割合でいます。太っている人は汗をかきやすくなるため、汗として出る分の水分も補給しないといけないのです。

また、人は夜眠っている間にも汗をかいて水分を排泄していますので、寝る前にコップ1杯以上の水分を補給してから床につくことを勧めます。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.