痛風ブログ

今人気の痛風サプリメントや健康情報を掲載中!

痛風サプリ

使用者の評価による
商品力順ランキング

白井田七人参57/60pt

3,980円

やずやの香酢50/60pt

DHA&EPA26/60pt

葉王26/60pt

葉酸20/60pt

痛風の病気ってどんなものなの?

痛風とは

毎日どんな事を心がければ良いの?

痛風の実態は?

痛風についてのあれこれ情報

痛風の症状・診断

肝臓についてのあれこれ情報

痛風の治療

合併症と併発症の治療について

合併症の治療

痛風を管理する日常生活

痛風の管理

トップ › 痛風の症状と薬について

痛風の症状と薬について

痛風は、体内の尿酸が関わって起きる病気です。
もともと、尿酸は新陳代謝の過程でプリン体によって作られる物質です。しかし、プリン体の代謝に異常が起きたり、腎臓から尿を経て排出するサイクルに乱れがあると、余った尿酸が身体にたまります。
この尿酸が関節に付き、白血球から攻撃されると、炎症や痛みが生じます。これが痛風のメカニズムです。
痛風の原因は、主に高脂肪・高カロリー・高たんぱく質の食生活であると言われています。また、アルコールやストレスなども要因と考えられています。
痛風の痛みは、足の親指の付け根や膝の関節、かかとや足首などに起こりやすいものです。何の前触れもなく、突然の激痛に見舞われるのが特徴です。患部は赤く腫れて熱くなりますが、2~3日すると徐々に痛みや赤みが引きます。一週間から十日ほど経過すると、症状そのものがなくなります。
しかし、このまま放置しておくと、半年から一年ほどの間に次の発作が起こります。それを繰り返していると、関節が破壊されたり、他の関節で炎症が起きたりする場合があります。また、尿素の結晶によって腎機能が損なわれる恐れもあるのです。
痛風の薬には、さまざまなものがあります。たとえば、痛風の発作そのものを予防する薬や、尿酸の生成を抑える薬などです。さらに、尿酸の排泄を促進する薬や、痛みを緩和する外用薬もあります。
症状が出たら、早めに医師へ相談し、適切な治療を受けましょう。


Copyright (C) 痛風.net All Rights Reserved.